整腸のための乳酸菌を増やすヨーグルトを食べる

健康のために毎日ヨーグルトを食べる。

ヨーグルトのことは知識として誰でも知っていることですね。
特に便秘を解消するという理由でもヨーグルトは有名です。
テレビCMでも便秘を解消する食べ物としてヨーグルトの宣伝をしています。

それでは何故ヨーグルトに便秘解消の効果があるのでしょうか。
それとなく知っているけどあらためて聞かれると答えられる人は少ないですね。

簡単にいうとヨーグルトに含まれる成分が腸内の善玉菌である乳酸菌を増やすからです。
ヨーグルトに含まれる乳糖が、ビフィズス菌など乳酸菌の食べ物になるのです。
つまり乳糖を食べて体のために働く乳酸菌が元気に増えるのです。

これらビフィズス菌などの乳酸菌たちには、
腸の蠕動運動を活発にする働きだけでなく、
からだの免疫力を高めたり悪玉菌を抑制したりもするのです。
がんを予防する働きもあるといわれています。

乳酸菌が元気に働くことは健康を維持するのに必要なのですよ。
腸が健康であるためには、悪玉菌より乳酸菌などの善玉菌が
常に優勢になっている必要があるのです。

しかし乳酸菌の寿命は案外短いのです。
そのため、毎日ヨーグルトを食べ続けることが大切になってきます。

しかし朝食をヨーグルトだけにするというのはよくありません。
食事量が減ってしまうと、便を十分に作ることが出来ません。
そうなると便秘解消どころか別の問題も出てきてしまいます。

主食と汁物、野菜を摂った上で副食としてヨーグルトも
食べるようにしましょう。
ヨーグルトばかりだと飽きてしまうという人は、
シリアルにヨーグルトをかけて食べたり、
ヨーグルトアイスや飲むヨーグルトなど変化をつけてみてください。
肝心なことは食べ続けることが大切なのです。

体質に合わないということで乳製品が苦手という人もいるでしょう。
そんな人には、粉末状のビフィズス菌も発売されています。

乳酸菌は毎日補給したいものですから、
これらの健康食品を利用することもよいことです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ