ジュースにすると野菜・果物が多く摂れます

ある日のテレビ番組でゲストの女優が、
司会者から美しさと健康の秘訣を尋ねられていました。

その女優の答えは「毎朝オリジナルのジュースを飲んでいます」。
そして自分だけのオリジナルジュースに何を入れているか紹介していました。

こういった女優でなくても、健康のためという理由から
野菜や果実を毎日ジュースにして飲む習慣の人は多いようです。

今やビタミン類もサプリメントで手軽に摂取できる時代になりました。
しかし栄養は食べ物から摂取するという習慣は大事だと思います。

便秘解消法としてもたくさん食べたほうが良い野菜・果実ですが、
調理するのが大変で一度に食べる種類も限られてしまいますね。
そんなときはジュースにして食べることがおすすめです。

前の夜のうちに材料を用意しておきます。
朝はミキサーに材料を入れてスイッチを押すだけ、
1分も混ぜれば出来上がりますからコップに移したら後は飲むだけ。
コップ1杯のジュースで気持ちもすっきりします。

目覚めのジュースは身体にも優しい食べ物です。
ただし野菜のジュースは美味しく作るのにコツがあります。
野菜の種類によっては飲みにくいものができてしまいます。

美味しいジュースを作るコツは、ベースにりんごを使うことです。
自然な甘みとフルーティな香りが加わってすっきり飲みやすくなりますよ。

便秘解消法をメインに考えてジュースを飲むのなら、
ヨーグルトをベースにしてもよいと思います。

またビタミンCをたくさん摂るためのジュースを作る場合は、
ビタミンC分解酵素を含む野菜を避けたほうがよいです。
にんじん、きゅうり、かぼちゃにはビタミンC分解酵素が含まれています。

そしてジュースを作るときはジューサーよりもミキサーにしましょう。
ジューサーは野菜や果実の汁だけを絞り出すので食物の一部しか摂れません。
ミキサーの方は素材丸ごと飲むことになるので便秘解消にはよいのです。

ドロッとしてストローでは飲めないような濃いジュースが出来る場合があります。
そんなときは、ミネラルウォーターや牛乳などで調整すると良いですよ。
朝一杯のジュースは飲むだけで胃や腸の働きを促進するのでよいのです。

材料の組み合わせには以下のようなものがあります。
「りんご+レモン+にんじん」
「りんご+キャベツ+アロエ+パイナップル」
「茹で枝豆+バナナ+牛乳」

いろいろな組み合わせして自分の好みを探すのも楽しいですよ。
ただし果物には果糖という糖分が含まれていますから、
なんでもそうですが、とり過ぎはマイナスの効果がでるので注意しましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ