朝起きたときに体操で内蔵を目覚めさせる

夏休みといえば、まず朝早起きしたラジオ体操を思い浮かべるのは
私だけでしょうか?

当時の記憶としてあちらこちらでラジオ体操をしていたように思います。
しかし最近はラジオ体操の音楽を聴くことも滅多にありません。

便秘体操は元気に一日を始めるためにも続けていきたい習慣の一つですが、
これは便秘解消法としてもぜひ行なってほしい方法です。

朝起きて寝床のなかで行なう体操は、からだを目覚めさせ内臓の働きも促します。

朝は便意がもっとも起こりやすいときなので、
それを促すためにも、また食欲をわかすためにも便秘体操は効果的です。

目が覚めたらまず背伸びをしてからだをリラックスさせてから始めます。

次に腰たたきです。ふとんの上にゆっくり起き上がり、
膝を伸ばして座ったまま左右交互に20回くらい腰を軽くたたきます。

足を伸ばして行なうのが苦しいときは、
膝を少し曲げて両足をやや広げて行なうとよいでしょう。

次にバタ足とお尻たたきです。両手をあごの下で組みうつ伏せの状態で、
膝を伸ばしたまま足を10回程度上下させます。

そして今度は左右交互に膝を曲げて20回程度、
リズミカルにかかとでお尻をたたきます。

次に膝かかえです。仰向けに寝て、左右交互に膝を両手で抱え、
胸に押し付けるようにします。ももの裏側を伸ばすことを意識して、
左右3回程度行いましょう。

これらの体操の回数はあくまで目安ですから参考としてください。
すべてを毎日行なわなければいけないというものではありません。
それよりも長続きさせることが大切です。

例えば目覚まし代わりに音楽をセットしておいて、
その曲に合わせて体操を行なうなど飽きない工夫をするとよいでしょう。

長い目で見れば便秘体操によって腹筋も鍛えられ、
便秘にさらなる効果も期待できます。

便秘解消法に取り組む努力は、朝目覚めた瞬間からスタートさせてくださいね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ