便秘のタイプによって食事の摂り方は違います。

便秘解消法の基本は毎日の食生活習慣を見直すことです。

便秘には弛緩性、直腸性、けいれん性の3つのタイプがあります。
どのタイプに関わらず、食物繊維や水分をたっぷりとることが
便秘解消するための共通点として挙げることができます。

しかし、むやみに食物繊維さえ摂っていれば便秘が解消されるわけではありません。
そう単純ではなく便秘のタイプによって食べるものや食べ方まで違ってくるのです。
ここからは便秘のタイプ別に食べるものを説明してみました。

・弛緩性の便秘の場合

 このタイプは腸の蠕動運動が弱っているための便秘ですから、
 腸の動きを活性化させ排泄しやすいことを目的とした食事をします。
 朝の起き抜けに冷たい水または牛乳を飲んで腸を刺激します。
 そして食物繊維を摂って便の元になるもののかさを増やします。
 水溶性繊維、不溶性繊維、どちらの食物繊維もたっぷり摂ることです。

・直腸性の便秘の場合

 このタイプは便意という意識的なことが問題なのですから、
 腸から大脳へのシグナル(便意)が伝わりやすくなるために、
 食物繊維を摂って便の量を増やしましょう。

・けいれん性の便秘の場合

 便秘と下痢を繰り返すなどするのは腸が過敏になっているのです。
 できるだけ刺激や負担をかけないような食事内容を心がけてください。
 三度の食事を規則正しく摂り、腸への刺激を促すものは食べないようにします。
 腸を刺激するので避けたい食品は次のようなものです。
 不溶性食物繊維(豆類、穀類に多い)、消化が悪いもの、
 冷た過ぎるものや熱過ぎるもの、脂肪の多いもの、強い香辛料、
 アルコール、カフェイン、炭酸飲料、などです。

適量を心がければ敏感になる必要はありません。
極端に偏った味付けや食べ物は避けてください。
飲みすぎ食べすぎももいけません。

便秘解消法とはいえども、やっぱり食事は楽しみたいですよね。
食生活習慣の見直しがストレスになってしまっては、かえって逆効果です。

「あれはだめ、これもだめ」と我慢するのではなく、
今まで食べたことのないものにチャレンジするのも
「これも意外に美味しい」と新たな発見もあるかもしれませんよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ