梅干しのクエン酸には胃腸のはたらきを良くする効果がある

みなさんは、梅干しやレモンなど酸っぱいものを見るだけで、
口の中に唾液がたまってきた経験があると思います。

ほっぺたがジーンとしてくるという、あの独特の感覚です。

どうして梅干を見ると唾液が出てくるかというと、
酸っぱいものを食べたときに胃が刺激されて胃液の分泌が多くなるのです。

これは経験として脳が記憶しているからで、条件反射といいます。

特に梅干しに含まれているクエン酸という成分には、
胃だけでなく腸も刺激するという作用があります。

腸の蠕動運動を活発にしてくれるので、
梅干は便秘解消の食べ物として効果があるものといえます。
また梅干にはビフィズス菌を増やす働きもあるそうです。

しかし、いくら体に良いといっても梅干しを食べすぎてしまうと
塩分の摂りすぎになりますので十分注意が必要です。

また梅干しは空腹時にそのまま食べると刺激が強いので、
胃腸などの消化器官を荒らしてしまう恐れがあります。

そんなときには梅干しにお湯を注いで梅干し湯にしたり、
熱い番茶を注いで飲むとよいでしょう。

梅干やレモンなどの酸味は腸を刺激して蠕動運動を促すのですが、
だからと言って梅干しやレモンばかりじゃ飽きてしまいますね。

そこでおすすめなのが、毎日の食卓に酢の物を並べることです。
酢はからだの調子を整える効果がありますので、
便秘解消法としてでなくても積極的に食べたいメニューです。

特に水溶性食物繊維をたっぷり含むわかめを使った酢の物は、
便秘に悩む人やダイエットを目的にしている人に向いています。

わかめの他にもきゅうり、タコ、カニかま、春雨と混ぜるなど、
具をいろいろと工夫すればメニューがいくらでも広がります。

そして酢の物は作り置きしておけるのもよいですね。
飽きない工夫をして、積極的に摂っていきたい食事です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ