自分の手で大腸をマッサージすることは良い刺激を与える

便秘の症状がある人は、腸の蠕動運動が弱くなっていますので、
そんなときは便の移動に合わせてマッサージをしたり押したりすると効果的です。

このマッサージは直接的に腸に外側から刺激を与えるもので、
この一連の動作をトイレに座って行なうと排便しやすくなります。

便秘解消法の一つとして挙げられるマッサージは、
大腸の蠕動運動で便が移動していく方向に合わせて行います。

おへそのまわりを時計回りに押しなでていくのですが、
よくお腹が痛いときには「の」の字を描くようにマッサージすると
よいと聞くのは、これは大腸の蠕動運動の方向に沿っているからなのです。

マッサージするときは便の流れを意識して、
おへその下、右下腹部、おへその上、左下腹部、
と時計回りに10回程度、軽く押してください。
最後にS状結腸の上から両手を揃えて軽く押すと効果的です。

S状結腸は左下腹部の腰骨の内側あたりにあり、
ここは便秘になると便がたまることが多い場所で、
仰向けに寝た状態でこの部分を確認すると、
便秘気味の時は張っているのがわかると思います。

便秘には、この部分を刺激するのがとても効果があります。
おへその左下に両手を重ねて軽く数回押します。
そして指先を足の付け根辺りまで、斜め下に移動させます。

このS状結腸マッサージは、毎日就寝前に行なうなど
規則的に続けることで腸のリズムができてくることでしょう。

マッサージを始める際には、自分の手が冷たくないか確かめてくださいね。
直接肌に触れてマッサージを行なう場合には、両手を温めてから始めましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ