にんにくのアリシンとりんごのぺクチンに整腸作用

にんにくが健康に良いということは今さら説明するまでもないですが。

にんにくのにおいがするだけで食欲がわいてきます。
そして、にんにくを食べるとスタミナがついたような気がしますね。

実は、にんにくには健康に良い様々な効能があるのです。
疲労回復や不眠症の改善、生活習慣病の予防、
そして便秘解消の効果もあるのです。

にんにくの独特の匂いの成分をアリシンといいます。
アリシンが腸の蠕動運動を活発にしてくれるのです。
そのうえ腸内のビフィズス菌を増やすこともできるのだそうです。

しかしいくら体に良いものといっても食べ過ぎると良いとはいえない。
毎日食べることを前提とすれば1日1かけ程度にしたほうがよいでしょう。

ほかに整腸作用がある食べ物として、果実のりんごがあります。
ひどい下痢をしたときに、りんごのすりおろしやくず煮などを
食べたことはありませんか。

整腸作用に優れているということは便秘解消法としても効果があるのです。
りんごに含まれるペクチンやりんご酸は腸を刺激して蠕動運動を活発にします。

果実全般に含まれる果糖も腸を刺激して蠕動運動を高める作用があります。
特に皮には食物繊維であるペクチンが豊富に含まれていますので、
りんごを食べるときは、是非皮ごと食べてください。

皮には農薬やワックスが付いていることがありますので、
食品用洗剤などで皮の表面をよく洗ってから食べるようにしてください。

皮ごとすりおろしたりんごとヨーグルトを混ぜて
朝食に食べるのも効果大だと思います。

下痢のときには皮をむいて食べるほうがよいかと思います。
腸のためにだけではなくて健康のためには食生活に果実を取り入れましょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ