緩下作用で有名なものはアロエとプルーンです

いろいろな便秘解消法を試してみたけどどれも効果がでなかった。
仕方がないので便秘薬を飲んで出すしかないんです、とあきらめはいけません。

もう一度薬以外の便秘解消法がないものか検討してみましょう。

便秘薬を飲むくらいなら、下剤効果を持っている食べ物を試すのはどうでしょうか。
食品の中には薬の下剤ほどは強く効果がないものの緩下作用を持つものがあります。

便秘薬ほど強力な作用はないですが、試してみる価値はあると思います。
薬のような反作用やアレルギーもないので試すのも心配ないのです。

緩下作用を持っている有名な食品はアロエとプルーンです。

昔からアロエはやけどや切り傷のときに利用したり、
胃弱にも効果があるということで重宝されている植物です。

別名で医者いらずとも言われるほどです。
アロエは、葉のトゲをとってから皮を剥いて刻んで食べます。

独特の苦味がありますので、食べづらいという人もいると思います。
その場合は葉を摩り下ろして同量の水で甘みをつけて煮込でください。
そうすれば刻んだものよりも摂りやすいですよ。

アロエは一度に大量に飲むと下痢をすることがありますので、
最初は少量から飲み始めると良いでしょう。
また妊娠中の人はアロエの摂取は避けてください。

もう一つのプルーンは便秘だけでなく美肌や貧血予防に効果があるとして、
一般的な健康食品として女性に人気のある食べ物です。

なぜプルーンが便秘に効果があるのでしょうか、
それは食物繊維であるペクチンが豊富に含まれているからです。

ドライプルーン3個でおよそ2グラムの食物繊維がとれるそうです。
ドライプルーンはそのまま食べても美味しい食べ物ですが、
煮たり漬けたり料理法もいろいろありますの。

プルーンの玄米酢漬けという調理法で食べると次のような効果が期待できます。

プルーンの有効な働き+酢の効能+玄米の栄養という
ように複合的なよさがあります。
相乗効果のある調理法を試すとよいですよ。

*食物繊維というと漢字の繊維から服の生地とかを
イメージしてしまう人がいると思います。

しかし栄養素の食物繊維は生地の繊維とはまったく違うものです。
目に見えないほどの無機質のひとつです。
ビタミンAやビタミンCなどと同じです。

ごぼうや大根、ねぎなどのスジばっているものは食物繊維ではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ