アルコールの中でもビールによる刺激は効果がある

お酒の飲み会にいった次の日は便が緩くなるという人がいます。
それも飲むと必ずそうなるというのです。

飲むお酒の種類を聞いてみると、ビールを多く飲んだ後は下痢をするそうです。
こういった例からするとアルコールは便秘解消に役立つということです。

しかし飲んだときだけというのなら根本的に便秘が治るというわけもありません。
では、お酒を飲みすぎると何故下痢気味になるのはでしょうか。

実はアルコールに便をやわらかくする作用はないのです。
飲んだアルコールによって腸が刺激されるために蠕動運動が盛んになり、
便の水分が吸収される前に排出されてしまっているからなのです。

アルコールは腸だけでなく、すべての内臓を刺激してしまうのです。
そのため飲みすぎると胃腸を荒らすだけでないのです。

肝臓はアルコールの解毒のために休みなくフル回転で働き続けます。
それが毎日続いていけば、やがて肝臓を壊してしまうことになります。

肝臓は臓器の中でもっとも大切な働きをする内蔵のひとつです。
そのためにとてもタフになっており病気になりにくいのです。

反対に肝臓が病気になってしまうのは大変なことといえるのです。
そして治るにも長い時間がかかるのです。

健康のためには肝臓を労わって無理のないような食生活をしましょう。
ただしお酒は昔から百薬の長といわれるくらい健康に役立つのです。

適量の飲酒は様々な意味で薬にもなると言われるように、
適度なアルコールはストレス解消に役立ちます。

一時的な便秘解消法としても有効なひとつの手段だと思います。
アルコールの中でもビールなどは炭酸が胃腸を刺激するので、
ワインや日本酒よりも便秘解消に向いているでしょう。

注意したいのは、お酒を飲むことによって、味の濃いものなどに
食事の内容が偏ってしまうことです。
そして食事の時間帯が遅くならないように注意が必要です。

お酒を飲むときのおつまみにも工夫したいところです。

枝豆や冷奴などの豆類は植物性のタンパク質、
水溶性食物繊維が豊富な海藻の酢の物、
食物繊維やミネラル豊富な根菜類を食べるようにしましょう。

焼き肉やステーキなどの料理はビールが美味しいと感じますね。
しかし肉食に偏った食事だと腸内の悪玉菌を増やしてしまいます。

またいくらお酒が腸を活発に動かすからと便秘解消法を言い訳にして、
度を越してお酒を飲むのは問題外ですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ