ストレスと便秘の関係

ストレスというのは精神衛生的に悪いというだけでなく、
気付かない内に私たちの身体にも悪影響を及ぼしています。

ストレスは少しづつ身体の不調を作り出していくのです。
便秘という症状にも多大な影響を与えているのです。

何故そうなるのか、それは自律神経を乱すからといわれています。
便の排泄を促すのは腸の蠕動(せんどう)運動ですが、
自分の意思の力ではなくて自律神経がコントロールしています。

この自律神経は精神的な影響を大きく受けるのです。
つまり、ストレスを感じると腸の働きが乱れてしまうのです。

自律神経には交感神経と副交感神経があります。

交感神経というのは緊張しているときに働く神経のことで、
緊張すると血管を収縮させてしまいます。

例えば大勢の人前で恥ずかしい思いをしたときなどに、
急に心臓の鼓動が早くなってドキドキする状態のことです。
緊張などによるこの働きが腸の動きを抑制してしまうのです。

副交感神経はリラックスしているときに働く神経のことで、
血管を広げる働きがあるので腸の蠕動運動も活発にしてくれます。

つまり便秘解消法には、リラックスすることがよいということです。
便秘解消だけでなくリラックスすることが健康に大切なことはおわかりですね。

旅行に出かけたときに一時的に便秘になってしまうのは、
環境が変わってからだが緊張しているためですが、
我が家に帰ってくると緊張が解けて、便秘も解消します。

毎日の生活に適度な緊張感は必要かもしれませんが、
ストレスの続く毎日はからだの緊張をほぐす機会を失い、
常習性の便秘を招きやすくなります。

またけいれん性の便秘もストレスに大きく影響を受けています。
けいれん性便秘はストレスが要因の便通異常のことです。

腸のはたらきが乱れて便秘と下痢を繰り返すなど、
人によって症状は様々なものが現れます。

ストレスによって腸が敏感になって収縮が強くなり、
正常な蠕動運動を行なわなくなってしまうからです。

ストレスを発散することは、便秘解消法としてだけでなく、
健康なからだを維持するために上手に取り入れたいですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ