朝一杯の水や牛乳を飲み、食事を摂ることで便秘解消

朝起きたときに、まず冷たい水や牛乳をコップに一杯飲むことは、
健康のためによい生活習慣といえます。

水分は特にお肌に良い影響を与えるということで、
積極的に水を飲むという習慣に取り組むことによって、
肌荒れを改善させた人もいます。
腕やフェイスラインが乾燥してボロボロになった人にとっては、
特別に効果的な方法だそうです。

朝にコップ一杯の水を飲むことは便秘解消法としても効果的です。

朝冷たい水を飲むことが次のような作用が起きるのです。
「水が身体に入る」という刺激とともに「冷たい刺激」も加わります。

それは以下の2つの効果として期待できます。

一つは腸を刺激して蠕動運動を促す効果と、
もう一つは水分補給の意味で便をやわらかくして
お通じがスムーズになるという効果です。

朝、起き抜けの空腹状態の胃袋に冷たい水を一気に流し込むと、
胃が動き始め、胃・大腸反射が起こり、腸の蠕動運動を活発にしてくれます。

胃・大腸反射は胃袋が空の時にもっとも起こりやすいため、
起きた直後がもっとも効果的なのです。

また、冷たい水でなく牛乳でも効果があります。
牛乳には水にはない下剤の効果もあるのです。

起き抜けの水で効果が感じられなかったと思ったら、
一度牛乳も試してみるとよいかと思います。

これらの方法は、食事の量がしっかり取れていることが前提です。

朝、起き抜けに水を飲んで胃腸が活発に働いても、
朝食を摂らずに出かけてしまっては便意も起こりません。

朝はコーヒー1杯だけという人はその習慣は改め、
便のもとになるような食事を摂る習慣もつけていきましょう。

けいれん性の便秘の人は冷たい水はお勧めではありません。
お湯かホットミルクのほうがよいでしょう。

寝ぼけた胃に水を流し込んで活を入れ、しっかり働かせてくださいね。
便意を起こすのは、朝がチャンスですよ。

サブコンテンツ

このページの先頭へ