健康な便の状態、身近なもので例えるとバナナ状態のものをいいます

今までに様々な便秘解消法を試したことがわるけれど、
なかなか納得のいくウンチが出ないという人もいるでしょう。

自分の便秘のタイプにその実践法が合っているかどうかですが、
しかし単純に出せばよいというものでもないのですね。

やはり便の状態が健康的でなければ便秘が解消したとは言えません。
それでは良い状態の便とはどんなものでしょうか。

いくつかのポイントに分けてお話します。
まず形はよく言われる「バナナ状」、これが理想的です。
ある程度の太さ、長さがあり、水分は70から80%くらいです。
水分のパーセントと言われてもわかりづらいですね。
参考でいえば水分が90%を超えると下痢便になります。

直腸性便秘では便が太く短くなりますし、
けいれん性便秘ではコロコロの鹿の糞状態になります。

次に色ですが、野菜類が多いと黄色に、
肉類が多いと黒っぽい便になります。
食事のバランスが取れていれば、便は黄褐色になります。

消化器官からの出血があれば便の色は次のように変わります。
肛門から近いと真っ赤な色に、肛門から遠いと黒の便が出ます。
こういった便が出たら身体に異常があるサインですから、
病院にいかれたほうがよいでしょう。

次に便の臭いについていうと、
健康であれば便は臭くない、不健康だと便の臭いが強くなると言われます。

しかし健康でも、まったく無臭ではありません。
ただ、便の成分は食べ物のカス、腸内細菌による分解産物、

古い細胞、細菌類でできています。
つまり身体の不必要な物質の塊だということです。

腸内に悪玉菌が増殖すると、便やおならのニオイがきつくなります。
悪玉菌が増える=腸が健康でない、という状態ではニオイが臭くなるのです。

肉類をたくさん食べて消化しきれないと悪玉菌が
動物性タンパク質を腐敗発酵させるため、
非常に臭いの強い便がでるようになります。

また健康なウンチかどうかの判断として「水に浮く」というのがありますが、
水に浮くウンチは食物繊維が十分に摂れていることを意味するのだそうです。

食の欧米化で肉中心の食生活を送る人が増えてきましたが、
やはり野菜中心の和食が健康にはよいのですね。

サブコンテンツ

このページの先頭へ