ダイエット、生理、下着など女性と便秘には関係が

便秘と聞くと女性に多い症状というイメージがありませんか?

女性はさまざまなダイエット法や便秘解消法を常に試している、
そのような印象を持っている人も少なくないと思います。

実際に、便秘で病院に行くのは25歳から55歳の女性と、
そして高齢者が多いという報告もあります。

女性の多くが日頃から便秘を気にしているからというだけではなく、
女性という性質からくる理由があるのです。

女性特有のものとして黄体ホルモンの影響があげられます。
女性には生理があり、黄体ホルモンの分泌に波があります。

黄体ホルモンは排卵後から生理が始まるまでの間に分泌され、
その間は大腸の蠕動運動を抑制して水分や栄養の吸収を促進します。

それが要因となって水分の少ない便になりやすく、
生理前になると便秘気味になる女性が多いのです。

また妊娠すると便秘になる人も多いのですが、
これは妊娠によって黄体ホルモンの分泌がますます活発になることと、
お腹が大きくなって子宮が腸を圧迫することが影響しています。

出産後も腹筋がゆるむために便秘をしやすくなります。
高齢者に便秘が多いのも、腹筋が減少することが原因のひとつと言えます。

また女性に「やせたい願望」が多いのも便秘が多い原因のひとつです。
過度に食事制限をすると便が作られず、便意をもよおしにくくなり、
からだのラインを整えるためのきつい下着も腸の運動を妨げることになります。

ダイエット目的で便秘解消法を試す人もいますが、
間違った方法で排便を促すと、下痢を起こし体調を崩してしまいます。

下痢をすれば痩せられると思い込んでいる人もいるようですが、
本来のダイエットを成功させるためには、
食生活を正し排便リズムを整えることが大切です。

もともと女性は便秘をしやすい要因を持ち合わせている上に、
受験や仕事上のストレス、結婚すれば家事や育児に忙しく、
ゆっくりトイレに行く暇もなくなってしまいます。

現代の女性は日夜便秘と戦っていると言えるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ