すっきり出ていれば3日に1回でも大丈夫

現代は食生活が多様化しているために便秘に悩んでいる人はとても多いのです。
なんと女性の半数以上が自分が便秘だと思っているというアンケートもあるそうです。

しかし、便秘を解消するために様々なことを実践している女性でも、
実は本当は便秘でない人も少なからずいるのも事実なのです。

「便秘」という言葉が日常的に広く使われています。
そして巷にはたくさんの便秘解消法があふれているのです。
しかし便秘とは何なのかを正しく理解していない人が多いのです。

便秘には「○○日排便がなければ便秘」というような明確な定義がありません。
では一般的に便秘とはどのような症状だと認識されているのでしょうか。

便秘の状態というものは、まず長い時間にわたり便の排泄がない。
そしてお腹が張って苦しい感じがしたり、痛みが伴ったりというものです。
また便の排泄時に苦痛を感じたりする状態を総称して便秘と呼びます。

この「長い時間」とは具体的にどれくらいのことでしょうか、
というのは個人差があり3日に1回の排便であったとしても、
すっきりとした満足感があればそれは便秘とは呼びません。

毎日便が出ないといけない、と思い込んでいる人が多いようですが、
あまりそこにこだわる必要はないようです。

こだわりすぎて浣腸や便秘薬を常習する方が便秘を慢性化してしまうのです。

食べ物が便として排泄されるまでの時間は24時から72時間と言われます。
(個人差や食べた物によって違いがあります。)
目安として4日以上排便がなければ便秘と考えられるでしょう。

また、よく誤解されていることですが「便が硬いと便秘」というわけではありません。

硬い便が続いたあとに下痢をして便秘が解消されたような気がするかもしれません。
便秘と下痢を繰り返すのはけいれん性便秘に見られる症状で、
下痢も腸の働きがうまくいっていない状態と言えます。

便の硬さは必ずしも便秘とは関係なく、
逆に便がやわらかくてもすっきり感がなければ便秘なのです。

排泄後のすっきり感があるか、無いか、それが分かれ目です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ