便秘を放っておくと最悪の場合は癌になることも

本当は便秘になっていないのに勝手に便秘と思い込んでいる人がいます。
そして便秘を解消するために見当違いな方法を実践しているのです。

その反対に長い間便秘の症状が続いているのにも拘わらず、
「たかが便秘、放っておいたらなんとかなるだろう」
と安易に考えている人が意外にも多いので驚かされるのです。

便秘が続いていると肌荒れになることを認識している女性は多いです。
しかし便秘が最悪の場合には大腸がんやポリープの原因になることは知らないのです。

実は便秘というのは恐ろしい大腸がんと大きな関係があるのです。
便が長く腸内にあるとガスだけでなく活性酸素も発生します。

便秘が原因で腸内のビフィズス菌など善玉細菌が減少しますが、
それによって腸内細胞が弱ってしまうのです。

この腸内細胞は病気にならないための免疫に深く関わっているのです。

つまり便秘によって免疫力が落ちていくと、
がんが発生しやすくなるという方程式が考えられるのです。

排便時に出血がみられると「痔だろう」と素人判断してはいけません。
万が一にも大腸がんを疑って病院で検査することをおすすめします。

大腸がんの中でもS状結腸のがんは便の表面に血液がつくことが多いです。
また直腸がんでは便に鮮血がつくことが多いといわれます。

しかし痔と便秘も密接に関係しているのです。

便秘をすると便が硬くなることが多いです。
これは腸内に便が長い時間留まることで水分が吸収されてしまうからです。

この硬い便を無理に排便すると肛門が切れていぼ痔になってしまいます。
痔になると排便に苦痛を伴いますので、痛くて排便を我慢するようになります。
そうなると便秘がさらに悪化してしまうのです。

便秘が元で重大な病気にならないように、
便秘を軽く考えないでしっかりと治す取り組みをしましょう。

たかが便秘、されど便秘といえるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ