便秘に効く足、手のツボ

中国の東洋医学では360以上のツボが人間の身体にあるといいます。

鍼灸治療院は、このツボを針などで刺激することにより、
さまざまな病気や不快な症状を改善しているのです。

人間のからだには気の通り道である経絡(けいらく)と呼ばれるものがあり、
その流れを調節する点として経穴(ツボ)があるとされているのです。

便秘解消法として効果があるといわれるツボも全身にいくつかあります。

足と手にあるツボを押すて刺激することで胃腸の調子が整えられ、
それによって便秘を解消する方法を紹介します。

ツボ位置の目安を付けて周辺を押してみてください。
少し痛みを感じるところがツボの正確な位置ということになります。

足にあるツボから

・足三里
 膝のお皿の骨から指の幅4本分下で、すねの外側にあるふくらみのへりです。
 中指で押し込むように力を入れ、もむようにぐりぐりと押します。
 歩き疲れたときでも、このツボに灸をすればまだ3里歩けることから名前がついたのです。

・三陰交
 内くるぶしの骨から指の幅4本分上で、すねの後ろ側のへりです。
 親指を立てて左右にもみこむようにぎゅうと押します。

手のツボです。

・合谷
 親指と人差し指の付け根の、骨と骨が交わるところの内側です。
 反対の手を使い、親指と人差し指で挟んでもみます。
 ここは大腸に繋がる経絡が通っているのです。
 暇を見つけてはこのツボを刺激するとよいでしょう。

・神門
 手首の小指側のしわが寄っているところで、骨とすじのくぼみです。
 親指を立ててぐりぐり押します。

・支溝
 手の甲側で、手首から肘までを4等分して手首から4分の1のところです。
 小指と薬指の延長線が交わる点を、反対の手の親指でぎゅうと押し込みます。

ツボを指圧する際に注意したいのは、ツボは左右対称にあるということです。
必ず両方とも同じように指圧するようにしてください。

サブコンテンツ

このページの先頭へ