油抜きのダイエットは便秘の原因になります

女性の便秘の原因のひとつにダイエットがあります。

痩せたいためという願いで過度な食事制限をしたダイエットが原因、
それは絶対的な食事量が不足しているので便が作られず便秘となるのです。

それ以外にも、さまざまなダイエット法を試していた人が、
今度は便秘に悩むことになっているのです。

たとえばダイエットのひとつにカロリー制限があります。
油分はカロリーが高いので敬遠して、料理を油抜きにしたり、
食材も脂肪の無いものばかりにして、油分無しの食事を続けていると、
髪や肌が乾燥してカサカサしてきます。

つまり、油を抜きすぎるとさまざまな弊害が現れてくるのです。

案外知らない人が多いのですが、便秘には適度な油が必要なのです。
なぜ便秘に油が必要なのか、それは油によって便の滑りがよくなるからです。

そして脂肪酸は腸を刺激して蠕動運動(ぜんどう運動)を活発にします。

また油は消化吸収の観点から野菜との相性がよいのです。
小松菜やにんじん、かぼちゃなど緑黄色野菜に豊富に含まれるカロテンという栄養は、
脂肪と一緒に食べることで消化・吸収がグンとよくなります。

たとえば野菜の天ぷらや素揚げ、野菜炒めなどの料理は、
野菜と脂肪が一緒に取れるおかずとして便秘解消に役立つのです。

また便秘解消法として油をダイレクトに飲むというものがあります。
これは寝起きや食前にオリーブオイルをティースプーンに1杯飲むというものです。

オリーブオイルを飲む場合には、良質のエクストラバージンオイルがお勧めです。

飲むことが難しい人はサラダのドレッシングに使うとか、
様々な料理の仕上げに掛けるとか工夫すればいいですね。

お肌の美容のためにも良いと言われています。
長命・健康で有名なお医者の日野原重明さんも、
お肌の健康に良いということで毎日飲まれているのです。

もちろん油や脂肪の取りすぎということは良くありませんが、
バランスを考慮した食事のために適量の油は必要なのです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ