便秘は種類により対処する方法も異なります。

便秘は普段の生活に支障がそれほどありませんが、不快になるし苦しいですね。
しかし、他人に知られるのは恥ずかしいし、病院に相談するのも気が引けることです。

便秘になっていることを隠している人が多いと思われるので、
少なからず便秘の症状で悩んでいる人は大勢いると考えます。

便秘に悩む人が多いということは、それを解消する方法もたくさんあるということです。
薬局で購入出来る便秘薬の利用やヨーグルト・海藻・食物繊維を摂る食事療法、
そして腸の働きを助ける体操や運動など世の中には溢れるほどの解消法があります。

同じ方法を用いても便秘が改善する人や効果が無い人もいます。
薬を使うことは習慣になってしまい、薬が手放せなくなるのは良くありません。
そして、自分の便秘症状に合っていない方法を続けていると
反対に悪化させる原因になることもあるようです。

そもそも便秘にはいくつかの種類があるのです。そして便秘になる原因にも
種類がありますから、その原因によって対処方が違ってくるのは当然です。

病気による原因ではなくて、もっとも多いとされるのが常習性便秘です。
これは便秘の症状がいつまでも続いていく慢性便秘のひとつで、
さらに「直腸性」「けいれん性」「弛緩性」の3つにに分けられます。

「直腸性」の便秘というものは、直腸に便がたまっても
便意をもよおすための信号が脳に送られないことで起こります。
その原因としては、便意を我慢し続けたり、浣腸を乱用しているなど、
本来あったはずの便意を無視したことが挙げられます。

「けいれん性」の便秘は、腸の働きが過敏になり、
便秘と下痢の症状を交互に繰り返すようになることです。
原因は精神的なストレスを受け続けることといわれます。
そして特徴は便が細くて短くなることです。

「弛緩性」の便秘は3つの中でもっとも多いタイプです。
運動不足や腹筋が弱いことが原因で、腸の動きが鈍くなることから起きます。
特徴は常にお腹が張って苦しいことです。

この他、急性便秘として一過性の便秘がありますが、
これは環境が変わったことで便が一時的に出なくなることです。

旅行に出かけると環境が変わって緊張のために便秘になるとか、
急激なダイエットで食事や水分摂取量が減るために便秘になった。
そんな経験は誰にも思い当たることがあると思います。
これは原因を取り除けば自然に解消していきます。

また、嘔吐や激しい腹痛を伴う便秘の場合は、腸閉塞や腸ねん転など
大変な病気が原因ということも考えられます。
そんな時は迷わずに病院で診てもらいましょう。

サブコンテンツ

最新ニュース

離乳食の3大悩み《便秘ぎみ・体重が増えない・野菜嫌い》におすすめの食材は?
…先生にお話を聞きました。「便秘ぎみ」のときは、食物繊維が多い食材を使おうQ。赤ちゃんが「便秘ぎみ」という悩みについて、便秘を解消するためのおすすめ食材…
便秘にもタイプがある?
…デリケートな女性の身体はいつも、なんとなくの不調と隣り合わせ。便秘は痛みを伴うこともあり辛いもの。原因をしっかり見極めて、体調に合わせた対策を。  “血が不足している?…
お通じに悩んでいる人は4割以上!みんながやっている便秘と下痢の対処法
…5割に留まるなど、どちらかというと便秘ぎみな割合も高いことが明らかになった。便秘の時の対処法、下痢の時の対処法便秘になった時の対処法は、「水分をとる」が25…
繰り返す便秘と下痢、腹痛…「過敏性腸症候群」の症状・原因・治療法
…らかな異常がないにもかかわらず、便秘や下痢などの便通異常に腹痛を伴う病気です。便通異常には下痢型、便秘型、下痢と便秘を繰り返す混合型があります。排便に…
それはやっちゃダメ!ストレス性便秘の意外なNG
便秘にいいとされる食物繊維。でもストレス性の便秘の場合、食物繊維のとりすぎで便秘が悪化することも。腸のためによかれと思っていることが実は間違いかもし…

このページの先頭へ